思案

駄文製造機

漠然とした不安の話

 

今日もまとまりのない駄文を綴らせていただきます。

 

各方面の方々から「落ち着いてそう〜」と言われますが実際そこまで落ち着いているわけではないおじさん日本代表の僕ですどうもこんにちは。

 

 

 

 

院試まであと1ヶ月ちょいといったところになりましたが何だかよくわからん感情に支配されながら毎日問題と向き合っています。

 

最近は基礎は固まってきた(と思う。そう信じてる)ので専門分野と代数学に着手しつつ、基礎問題でわからない部分も向き合いつつ、といった感じです。

僕の専門分野は平たく言えば解析学、そのなかでも確率論や関数解析といった分野でしてまあよく分かりません。

 

毎日もがき苦しみながら本と向き合って泣いてます。楽しいですが分からないところが多くて泣いてます。

 

 

 f:id:abara-lebesgue:20160716222354j:image

 

分からない問題に出くわした時の僕です。

 

 

僕は基本的に

物事はなるようにしかならん!

といった考えのもとで生きていまして、院に行くことも院に行ってからの将来のことも「まあなるようになるやろ」と考えてここまで来ております。行き当たりばったりおじさんです。

 

 

ただこの年になるとそうも言ってられず、現実的に将来を考える必要性があるんじゃないかと考え始めました。

 

僕の周りは、だいたい就活も終わった人やら院に行ってからのビジョンがしっかりしてる人やらが沢山いまして、そのなかで僕はそういう部分があまりなく、漠然と

 

博士に進めたらいいなー

難しいかなー

じゃあ修士で就活かなー

教員か普通に就職かうーーん

 

 

と考えるのみ。なんだか不安が込み上げてきます。

 

 

学部卒で教員になりたい!と思って大学に入学しましたが、もっと数学がしたくなって、アクチュアリーにも興味が湧いてきて、教員への熱は少し冷めてきて、うーーーん、って感じですね。

 

 

f:id:abara-lebesgue:20160716222855j:image

 

悩んでる時の僕です。

 

 

このまま院に進んでやっていけるのか。就職か教員か博士かどれに進むべきなのか。もてない街道まっしぐらで嫁さんはできるのか。とにかく不安まみれです。とりあえず彼女くださいお願いしますお願いします。

 

ただ、どこかそんな未来にワクワクしてる自分もいるわけでして。少し変な気分です。まあ院試が終わってから酒でも飲みながらじっくり考えてみたいと思います。

 

 

アル中おじさんはいっしょにお酒を飲んでくれる方を随時募集しております。

 

 

これから先どうなろうとも、きっとそれは僕がそういう道を歩く運命だったと未来の僕は考えているんでしょう。僕はそういう人間です。物事は起こるべくして起こるし、人とは出会うべくして出会う。きっと引きつけ合うような引力が働いていると僕は思います。

 

僕は引力を信じています。

 

 

君は「引力」を信じるか?

 

f:id:abara-lebesgue:20160716223509j:image

 

 

それでは、また。