思案

駄文製造機

MTGの話

 

こんばんは。ど久しぶりに駄文綴ります。

最近はずっと卒論の構想を練ったりtexでボコボコにやられてたりしてます。そんな中での息抜きでど久しぶりにMTGをやってます。みなさんMTGってご存知でしょうか、少なくとも僕が前にやってた時は周りにやってる人は1人もいませんでした。

 

f:id:abara-lebesgue:20170110212537j:image

 

1993年に発売が開始されたTCGであり、「世界でもっともよく遊ばれるTCG」としてギネス世界記録にも載っています。

僕が初めてこれを手にしたのが小学5年生の時でした。

 

f:id:abara-lebesgue:20170110213004j:imagef:id:abara-lebesgue:20170110213006j:image

 

「なんやこの綺麗なカード」

 

とっかかりはそんな感じでした。とにかくイラストが美しい。当時僕の周りではやはり遊戯王デュエルマスターズが大流行してたわけですが僕はこいつに夢中になっていました。実家に帰省するとじい様がおもちゃやら本を買いに連れて行ってくれてたのですが一目散にギャザのカードを買ってもらう中々渋いガキンチョになっておりました。店員さんも少しおどおどしてたのを覚えています。すまんなスタッフ。

 

さあそしてカードを集めるとやはりルールを覚えてプレイしたくなるのが人間ってもんでしょう。本やらネットやらスターターセットの解説書やらでルールを勉強していくとこれがまた中々面白いんです。

なんといってもルールがとてもよく練って作られていることです。遊戯王デュエルマスターズは当時からルールが分かりにくかったり明らかにカードパワーがぶっ壊れているものがあったりと幼いながらに辟易していたものです。そんなこんなで僕はMTGにハマっていったわけです。

しかしですね、いざルールを覚えてプレイしようと思っても友達は誰もやってねえわけですよ。そうなんです遊べなかったんです。ビビリの権化のような僕ですからカードショップに赴いてプレイすることもできず気がつけば時間だけが過ぎ、僕の中でMTGは終わりを迎えました。

 

そして大学生になって4年が経つ最近、MTGがアプリで遊べることを知りなんとなくインストールして遊んでみるとやべえやっぱ面白いぞこれウハハハハハハハハハハハハハハってなっちゃったんですね。ルールは当時からちょっと変わってるみたいなので少しずつ慣らしながらやってる感じですがやっぱり楽しいですよMTGみんなもやろうよ。

 

麻雀然りですが僕は頭をしっかり使って手の読み合いをしたりするゲームが好きみたいです。TCGはそこに加えて戦略的にデッキを組む工程も入るのでより一層楽しいですね。

 

とまあこんな感じで最近はうまいこと息抜きしながらやれてる気がします。気分転換って大事ですね。酒ばっかり飲んでた頃よりも健康的になった感じがしてます。でも酒はやめられませんね。

 

今回は完璧に僕の趣味をダラダラ書くだけの記事でした。お読み頂きありがとうございました。